なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

創意工夫に満ちて
なつみちゃん、かわいい! こんなに創…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
「あの日」、そして これから
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「あの日」、そして これから

  • 児童書
写真・文: 高橋邦典
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,350 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

東日本大震災から1年後の石巻の小学校、撤去されたがれき。この本は、昨年出版した写真絵本『「あの日」のこと』の続編にあたります。カメラマンである著者が、昨年であった人々を訪ね、まとめた記録です。この本の中には、変化していく風景と、風化させてはならない言葉がいっぱい入っています。どうか、これらの言葉に耳をかたむけながら、震災後を生きる人々のことを考えてみてください。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高橋邦典さんのその他の作品

戦争がなかったら / 東日本大震災2011・3・11「あの日」のこと / ぼくの見た戦争 2003年イラク / 戦争が終わっても / 世界中の息子たちへ



寝かしつけの魔法のテクニック

「あの日」、そして これから

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット