だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
てがみがくるくる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てがみがくるくる

作・絵: 五味 太郎
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,553 +税

「てがみがくるくる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

手紙のステキ

お手紙って、ステキですよね。
何せ、話言葉と違って、すうっと空気に溶けていきません。
メールのように、容量や、字数なんかを気にしなくていいし。
いつまでも、いつまでも、とっておけるのが、いいな。

でも、自分が書くほうだと、ホントはちとやっかい。
PCでぱちぱちするより、字を書くって、ずいぶんゆっくりだから、
あ、ここんとこの言葉はなんだかヘンだ、なんて冷静に考える時間があります。
だから、なかなか先へすすまないし、手紙って、捨てない限り手元に残るから、
万が一、とっとかれる場合にそなえて、それにふさわしい大作にしないといけないかな?なんて思っちゃう…

でも、この絵本は、本当に手紙の楽しみを教えてくれる絵本です。
いろんな人や物にやってくる手紙たちのお話なのですが、
また、それぞれが五味さんの自筆で、
誰もがへへーと平伏するような達筆ではないのが(失礼!)
妙な安心感をもたらしてくれます。
大人は、クフフ、プププ…とほくそえんでしまうのですが、
うーん、これは4才の子供には難しい部分もあるかな?
でも、息子はお手紙ごっこが大好きなせいか、
読み聞かせのあとは、一人でも楽しんで読んでいました。

ちなみに、わたしの大好きなお手紙は、おおやま 屋根君への手紙と、
おおやま ポストさんへの手紙です。
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子4歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / ゆっくりおでかけ / 勉強しなければだいじょうぶ / 五味太郎 絵本図録 / くじらだ! / きみはしっている



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

てがみがくるくる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット