ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)の試し読みができます!
文: マージョリー・W・シャーマット 絵: マーク・シーモント 訳: 光吉 夏弥  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト開催中、たくさんのレビューお待ちしてます!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ポプラ文庫ピュアフル ガラスの森
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポプラ文庫ピュアフル ガラスの森

著: 小手鞠 るい
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥540 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

天才少女ともてはやされながら、怪我が原因のスランプで、フィギュアスケート界を去らざるをえなかった可南子。しかし、敏腕コーチに見出され、高校入学を前にペア・スケーターとして復帰する。パートナーとなる2歳年上のナガルは、才気あふれるスケーターだが、強引で傲慢なタイプ。可南子は徐々に惹かれつつも、素直になれず・・・。著者の原点となる「幻の処女作」が、ついに文庫化!【解説/石井睦美】

ベストレビュー

幻の処女作

作者の幻の処女作。文庫化にあたって大幅に手を入れたらしいです。
ペアスケートのお話で恋愛もの。
15歳の少女、可南子。パートナーのナガルに惹かれていきますが…。
このお話の姉妹編もあるようなので、そちらも読んでみたく思いました。
なかなか思い通りにならない恋愛、仕方のないことなのかもしれないけど。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小手鞠 るいさんのその他の作品

ねこの町のリリアのパン / きみの声を聞かせて / あんずの木の下で / きょうから飛べるよ / お手紙ありがとう / くろくまレストランのひみつ



『とびだせビャクドー! ジッセンジャー』森田まさのりさんインタビュー

ポプラ文庫ピュアフル ガラスの森

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット