新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
パパママバイバイ

パパママバイバイ

作: 早乙女 勝元
絵: 鈴木 たくま
出版社: 日本図書センター

税込価格: ¥1,980

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784820566113

ベストレビュー

平和だと思っていた日常のスキマ

戦争を知らない世代、現在は平和だと思っている世代。
しかし、沖縄では基地問題がいまだに戦争を引きずっています。
米軍機の騒音と、時折の事故や事件に震撼とする場所です。
と言って、この話は横浜の話なのです。
だんだん本土の米軍基地は縮小してきたけれど、首都に近い場所でかつて戦闘機の墜落事故がありました。
戦闘機の墜落に巻き込まれ、爆発した戦闘機のオイルで瀕死の大やけどを負った母子。
その時、自衛隊機は墜落前に脱出したアメリカ兵の救出を優先させました。
アメリカ軍は、機密保持のために機体の回収を最優先させ、犠牲者の救出、現場検証への協力は一切ありませんでした。
(沖縄ではその現状は変わっていないのです)
子どもたちは苦しみながら「パパママバイバイ」と言って息を引き取ります。
母親は子どもの詩を知らぬまま、焼けただれた体で苦しみます。
そして家族は、多くの人からの皮膚移植を生きる望みとして訴えかけたのです。

早乙女さんの憤りと、自らは皮膚移植に踏み切れない無力感が吐露されます。
早乙女さんが心からぶつかっているだけ、文章にザラツキ感があります。
苦しみの末、皮膚移植が成功して復帰した和枝さん。
喜びもつかの間、その和枝さんが亡くなったことを補記して本は終わります。

門倉さんの文中の詩が響きます。
かなりハードな話ですが、事実として受け止め、考えたい作品。
昭和53年の話ではあるけれど、風化させてはいけない、平和時代の中の恐怖を感じさせる本でした。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

関連記事

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

パパママバイバイ

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら