しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
マディソン通りの少女たち(2) 青い丘のメイゾン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マディソン通りの少女たち(2) 青い丘のメイゾン

  • 児童書
作: ジャクリーン・ウッドソン
訳: さくま ゆみこ
絵: 沢田 としき
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「マディソン通りの少女たち(2) 青い丘のメイゾン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

青い丘学園で寄宿生活に入ったメイゾン。異人種間の偏見のある新しい環境で、彼女がたくましく成長する姿をさわやかに描いた作品。

ベストレビュー

メイゾンの心

第一作の『マーガレットとメイゾン』と対になる物語です。
前作では、青い丘学園に行ってしまったメイゾンを思うマーガレットの寂しさが、繊細に描かれていましたが、『青い丘のメイゾン』では、そのメイゾンが青い丘学園で過ごす孤独感をしっとりと描いています。
白人社会の中でマイノリティとして学ぶメイゾン。
成績優秀でありながら、回りの人との距離感はなぜでしょうう。
迫害も差別も表立てては見えないように思うのですが、メイゾンの劣等感と居場所として受け入れられない潜在意識がそうさせるのでしょう。
とてもデリケートな心風景を見事に描いていて、思わず感情移入してしまいました。
当然第三作の『メイゾンともう一度』は必読ですが、この作品で取り上げられていた『青い眼がほしい』も読んでみようと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジャクリーン・ウッドソンさんのその他の作品

ひとりひとりのやさしさ / むこうがわのあのこ / わたしは、わたし / かあさんをまつふゆ / あなたはそっとやってくる / ミラクルズボーイズ

さくま ゆみこさんのその他の作品

くらやみのなかのゆめ / ウィニー 「プーさん」になったクマ / バンブルアーディ / ノックノック みらいをひらくドア / 白いイルカの浜辺 / みんなからみえないブライアン

沢田 としきさんのその他の作品

しょうがつが くると / どうしてアフリカ?どうして図書館? / みさき / エンザロ村のかまど / ひとでの たいそう / あくびで ねんね



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

マディソン通りの少女たち(2) 青い丘のメイゾン

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット