新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
にんじん、ごぼう、だいこん

にんじん、ごぼう、だいこん

  • 絵本
作・絵: 藤枝 リュウジ
出版社: Gakken Gakkenの特集ページがあります!

税込価格: ¥638

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784052010705

出版社のおすすめ年齢:2歳〜

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「はじめてのめいさくしかけえほん」シリーズの第13巻は「にんじん、ごぼう、だいこん」のお話です。いっしょにお風呂に入ったのに、なぜ人参は赤く、ゴボウは黒く、大根は白くなったか、ユーモラスにお話は進みます。

ベストレビュー

物の名前

「どうして にんじんは赤く、ごぼうは泥だらけで、だいこんはまっしろなのか」

その由来をユーモラスにかいた絵本です。
絵柄もシンプルで親しみやすく、ほのぼのとした感じです。

この手のおはなしはいろいろありますよね。「そらまめのお腹にはどうして黒い筋が入っているか?」とか昔話で聞いたものです。

 成長してから、ああいった昔話が物の名前を覚えるのにとても役に立っていたのだなと感じました。

 10年ほど前、有名な女性司会者がテレビで「知り合いの子供にりんごを見せたら『これ何?』と聞かれた。りんごだと答えたらりんごは白くて櫛形のものだというので驚いた」と話してありました。

わたしの知り合いにも、野菜・果物の名前をよく知らないという人がいます。

子供の時に、物の名前を覚えておくというのは大切なことだと思います。

しかけ絵本なので楽しめますよ。
(ひよこまめさん 30代・その他の方 )

関連記事

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

にんじん、ごぼう、だいこん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら