庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
だれがアケル!? 魔のトビラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だれがアケル!? 魔のトビラ

  • 児童書
編著: 日本児童文芸家協会
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年04月01日
ISBN: 9784569783932

小学中級〜
B6変型判 並製

出版社からの紹介

一度読んだら頭からはなれない、9つのこわい話。

「終わりの灯り」 おばあちゃんの家で体験したのは、悲しみが引き起こした不思議な現象……。

「かくれんぼ」 学校の裏山で見つけた沼には、昔かくれんぼで死んでしまった男の子が……。

「黒板の神様」 テストの答えが浮き出てくるふしぎな黒板には……。

「バハンの財宝」 一緒に海へ遊びにいった、いとこのカイちゃんの正体は……。

「あの死者はだれ?」 川で見つかった転落死体は、未来からやってきた自分だった……。

「マサルのゆうれい修業」 交通事故で死んでしまったぼくは、いじめたやつらに仕返しをしようと……。

「あぶりだし」 画用紙には、書いた覚えのない私の本音があぶりだされた……。

「となりの部屋から」 泊まったホテルのとなりの部屋から、奇妙なネコの鳴き声と……。

「二十六足のわらじ」 峠の山道で聞こえた、こどもたちの叫び声の正体は……。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


日本児童文芸家協会さんのその他の作品

だれがアケル!? 悪夢のトビラ / だれがアケル!? 恐怖のトビラ / だれがアケル!? 呪いのトビラ / 放課後の怪談(8) 3分の1の魔法  / じぶんを見つける物語(全5巻) / 7人の忍者のドキドキなお話 こわがりやの忍者



第12回 『あったかいな』の片山健さん

だれがアケル!? 魔のトビラ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット