ひよこさん ひよこさん
作: 征矢 清 絵: 林 明子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
『赤毛のアン』と花子 〜翻訳者・村岡花子の物語〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

『赤毛のアン』と花子 〜翻訳者・村岡花子の物語〜

  • 児童書
文: 村岡 恵理
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「『赤毛のアン』と花子 〜翻訳者・村岡花子の物語〜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年03月11日
ISBN: 9784052039621

小学生(中学年)〜一般

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

『「赤毛のアン」と花子 翻訳家・村岡花子の物語』 内容紹介

カナダの作家、ルーシー・モード・モンゴメリの書いた
『赤毛のアン』を読んだことがありますか? 
赤毛でやせっぽちのアンという孤児の女の子が、
優しい養父母と出会い、元気に成長していく物語です。
この作品を、初めて翻訳して日本に紹介したのが、村岡花子です。
花子は、幼い頃から文学的な才能をあらわし、
カナダ人宣教師がつくった東洋英和女学校で勉強し、
英米文学とその環境にふれます。
短歌も学ぶことで、鋭い日本語のセンスも合わせてみがき、
英語で書かれた文学を、わかりやすい日本語にして読者に届け始めます。
特に、日本にあまりなかった子どもや女性に向けた物語を
美しい日本語で紹介していきます。
第二次世界大戦が始まると、お世話になったカナダ人の先生がたや同僚は、
次々と母国に帰ってしまいます。
そのときに手渡されたのが、『アン・オブ・グリン・ゲイブルス』。
敵国語が禁じられるなか、花子は隠れて翻訳を続けます。
先の見えない生活のなかで、この本から大きな夢や希望をもらっていたのです。
そして戦後7年がたったとき、この物語は『赤毛のアン』として出版されるや
日本の女性たちの心をつかみ、ベストセラーとなります。
花子が元気をもらったように、
この物語はたくさんの人々の心に残る物語となったのです。
本書では、「アン」と花子の不思議と似ている点について紹介しながら、
花子の生涯を紹介しています。
著者は、村岡恵理さん。村岡花子の孫にあたる恵理さんは、
『アンのゆりかご』という本で、花子の一生について本を書きました。
本書は、その児童書版ともいうべきもので、『赤毛のアン』を読んだ人も、
これから読む人にも楽しめる物語になっています。

『赤毛のアン』と花子 〜翻訳者・村岡花子の物語〜

ベストレビュー

アンのゆりかごのジュニア版ですが

先に読んだ『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』をジュニア版にアレンジした本です。
『アンのゆりかご』から、児童向けにそぎ落とされた部分が村岡花子の生涯にとって重要だったとは思うのですが、逆に村岡花子が『赤毛のアン』にたどり着く必然性をくっきりとさせているようにも思います。
テレビドラマに影響されたとはいえ、第二のアンブームが起きているようです。
この本のテーマと、赤毛のアンのテーマの共通点、村岡恵理自身が
この本を書くに至った道の曲がり角が、とても素晴らしいと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

村岡 恵理さんのその他の作品

10歳までに読みたい世界名作(1) 赤毛のアン / 村岡花子の世界 赤毛のアンとともに生きて / アンを抱きしめて 村岡花子物語 / アンのゆりかご 村岡花子の生涯 / アンのゆりかご 村岡花子の生涯



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

『赤毛のアン』と花子 〜翻訳者・村岡花子の物語〜

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット