十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
こどものじかん はる なつ あき ふゆ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こどものじかん はる なつ あき ふゆ

  • 絵本
作: ギョウ フジカワ
訳: 二宮 由紀子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年05月31日
ISBN: 9784265850570

3、4歳から
A4変型判 28.9×21.6 /71頁

みどころ

表紙を開くと、そこは朝の街並。並んだ家の窓から子どもたちが顔を出して、くちぐちに「おはようございます!」とあいさつしています。元気いっぱいの子、まだ眠そうな子・・。さあ、子どもたち、1日の始まりです!

ギョウ フジカワさん(1908−98)は、日系アメリカ人の女性イラストレーター。カリフォルニアで生まれ、ウォルトディズニースタジオでの仕事の他、アメリカで様々な広告や雑誌のイラストを手がけました。その後、子どもの本にたずさわり、自身で文章を書いたものを含め数多くの絵本を制作しています。
この『こどものじかん はる なつ あき ふゆ』は、日本では初翻訳作品となっています。季節ごとの遊び、大好きなもの、おまじない、秘密の場所・・子どもたちをとりまく風景が、美しいイラストレーションと言葉で綴られます。

「しあわせ」って どこにあるか しってるよ それは ぺとぺとの どろんこの なか!
ばっしゃ ばっしゃ はねて ジャンプして きゃあっ ははっ こっちだよ!はやく おいでよ きみもさ いっしょに!

古き良き時代のアメリカの空気と、素朴な遊び。大人にとってはどこか懐かしく感じる雰囲気も、現代の子どもたちには新鮮に映るかもしれません。けれども思い切り遊ぶ子どもたちの姿は、時代や国が違っても変わりませんね!
何よりフジカワさんの描く子どもたちの愛らしさに目を奪われます。あたたかく繊細なタッチで描かれた子どもたちの表情や仕草は、私たちが想像する理想の子どもの姿そのもの。眺めているだけで幸せな気持ちになってくるのです。
子どもたちにとって身近な感情を問いかけるページがあるのも、この絵本の世界を深めています。どんなときに悲しい気持ちになる?優しい人になるにはどうしたらいいの?親子でゆっくり話し合いながら、読んでみたいですね。

そして ゆうひが しずんでいく
いちにちの おわりの とくべつな じかん
こころが しん と なる

思い切り遊んで、食べて、考えて、時には悩んで・・・。毎日成長していく子どもたちにとって、1日の出来事全部が大事、だから毎日とっても忙しい!原題の「Oh! What a Busy Day!」は、フジカワさんの、子どもたちへのそんな温かいまなざしが感じられるようです。
時代を超え、世界中で愛され続けている、ギョウ フジカワさんの世界。
幅広い世代に手にとってもらいたい絵本です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

こどものじかん はる なつ あき ふゆ

出版社からの紹介

カリフォルニア生まれの日系女性絵本作家ギョウ・フジカワさんの、こどもへの深い愛情あふれる美しい絵本です。
その繊細でやさしいタッチの絵はどこか郷愁を誘い、時代や国境を超えて今も多くの人に愛されています。
日本では1970〜80年代にかけて一時絵本が翻訳出版されていましたが、現在は全て絶版となっています。
この「こどものじかん はる なつ あき ふゆ」は、日本では未邦訳の作品。こどもたちの1日の生き生きとした様子が描かれています。
翻訳は児童文学作家・二宮由紀子先生。情緒あふれる楽しい文章で、大人の方が読んでも楽しめます。

ベストレビュー

一生持ち続けたい本

最初にタイトルを見て、子ども向けの季節の遊びを紹介した本だと思って読み始めました。
おはよう!と起き出した子どもたちが、お互いに挨拶をする場面からすっかりこの絵本の世界に引き込まれてしまいました。
優しいひとになるための方法が101通りもあることや言葉使いを丁寧にすることで良いことが起きること、悲しい気持ちになった時、友達と喧嘩した時など、自分の感情を素直に受け止めることを教えてくれます。
ユーモアの中にも教訓が感じられる、子供向けの哲学本と言っても、過言ではないのでしょうか。

読むたびに違った感想を持てる本だと思うので、これはぜひ手元に置いておきたい一冊です。
(森の小人さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

二宮 由紀子さんのその他の作品

みんなともだち / うふふ / しろくまくんどこにいく? / どうぶつえんはおおさわぎ / スリスリとパッパ / サンタクロースとあったよる



第12回 『あったかいな』の片山健さん

こどものじかん はる なつ あき ふゆ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット