ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【フェア開催中!】入園、入学、進級のお祝いにオススメのグッズ、セットを集めました♪
ぼくらのひみつけんきゅうじょ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくらのひみつけんきゅうじょ

  • 絵本
作: 森洋子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくらのひみつけんきゅうじょ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年12月
ISBN: 9784569783765

幼年・小学初級
B5判変型上製 32ページ

出版社からの紹介

赤と黒の二色で描いた、子どもたちの想像力をふくらませる絵本。主人公の子どもたちが、身近にあるさまざまなものを使い、「こんなことがあったらいいな!」と、空想しながら遊んでいきます。

ここはぼくらのひみつけんきゅうじょ。いつでもどこでもけんきゅうだ。エムけんきゅういんとエヌけんきゅういんが、長い棒を発見。その上を歩いてみると……棒の上を渡るサーカス団の一員になったみたいだ。そこへ、のんちゃんがやってきた。のんちゃんが乗っていた三輪車をさかさまにしてみると……最新式やきいも工場みたいだ。つぎに、たくちゃんのなわとびをゆらしてみると……ジャングルのにょろにょろへびに見えてきた。そして、まーちゃんがふたのないやかんをもってくると……?

狭い路地裏や、瓦屋根の家など、どこか懐かしい町の風景が描かれています。緻密ながら躍動感あふれるイラストで、不思議な空想世界へと引きこまれる一冊です。

ぼくらのひみつけんきゅうじょ

ベストレビュー

今も昔も

子どもたちの想像力ははかりしれない。
それは、今も昔もそうかわりはないんだろなあと
感じさせてくれた一冊。
絵本の舞台背景は昭和っぽいけれど、
今の子どもたちもこんなふうなごっこ遊びをやっている。
ゲームがなかったらないで、
頭の中の想像力を駆使して遊べるのだ。
みんなの頭の中でくりひろげられる、壮大な冒険!
印象的な色使いで、一度見たら
心に残る絵本だと思う。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森洋子さんのその他の作品

まよなかのゆきだるま / まよなかの ゆきだるま / かえりみち



あかちゃんが言いやすいことばで、おしゃべりスタート♪

ぼくらのひみつけんきゅうじょ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット