なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
パリのおばあさんの物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パリのおばあさんの物語

  • 絵本
著: スージー・モルゲンステルヌ
イラスト: セルジュ・ブロック
訳: 岸 惠子
出版社: 千倉書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年10月01日
ISBN: 9784805109137

A5変並 44ページ

出版社からの紹介

パリに暮らす一人のおばあちゃんが、過ぎ去った昔を振り返りながら、いまの日常を語ります。
「年をとると思うようにいかないことも沢山あるけど、それを自分なりに前向きにとらえて生きていくわ。」誰だって何かしら事情を抱えています。

ベストレビュー

老いを受けとめて

老いていく自分と向き合うお話です。
遠い未来のように思っていたことが、今の自分の日常になった時に、自分をどのように受けとめるのか、考えさせられました。
主人公のおばあさんは、夫を亡くして一人暮らしですが、ユーモアをもって自分を受け入れています。
だんだん出来ないことが増えていくことを、受けとめていることが素晴らしいと思います。
ユダヤ人としてまれ育った彼女の家族は、戦争の中で様々な迫害を乗り越えてきたようです。
でも、記憶として受けとめて、決して悲しみに縛られていません。
悔いのない人生を歩むことができるようにありたいと思いました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


セルジュ・ブロックさんのその他の作品

いのちのかぞえかた / ボクの穴、彼の穴。 / キスしたいって言ってみて / ぼくと パパ / まってる。 / きもちって、なに?



「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

パリのおばあさんの物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット