貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
なぞのサル アイアイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なぞのサル アイアイ

  • 絵本
文: 島泰三
絵: 笹原 富美代
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なぞのサル アイアイ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年04月05日
ISBN: 9784834080827

小学中学年から
26X20cm/40ページ

出版社からの紹介

アイアイって知っていますか。そう、あの歌に歌われた「南の島のおサルさん」です。南の島とはアフリカの側にあるマダガスカルという世界で4番目に大きい島。そこにすむアイアイは、18世紀に発見されてから、百年もの間、リスの仲間だと思われていた、リスとコウモリとサルを寄せ集めたような姿に、針金みたいに細長い中指まで持った、現地の人からは不幸をつれてくると言われている、とても奇妙なサルなんです。

ベストレビュー

アイアイとラミーの木

 アイアイ、名前は聞いたことがありますが、くわしくは知りませんでした。
 マダガスカル島にすんでいて、なぞに包まれていました。
 リスのような大きなしっぽや、コウモリのような顔をしています。指も独特です、、、。そしてなにより、アイアイの食べるものに、びっくりしました。
 アイアイをじっくり観察した記録と、ていねいに描かれた絵は、読みごたえがあります。

 アイアイの大好物のラミーの木が、もっともっと増えてほしいですね。
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


島泰三さんのその他の作品

人はなぜ立ったのか〜アイアイが教えてくれた人類の謎〜



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

なぞのサル アイアイ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット