貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
たんぽぽ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たんぽぽ

  • 絵本
文: 植村 利夫
絵: 網中 いづる
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たんぽぽ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年03月13日
ISBN: 9784062188319

21cm/23ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

たんぽぽの明るさ、優しさ、逞しさを称えつつ、綿毛が飛びたつさまに子どもたちの旅立ちを重ねあわせた一遍の詩を、絵本として贈る。

ベストレビュー

綿毛の飛んでいくシーンが素敵でした。

タンポポの絵本はいろいろありますが、これもまたいいなぁと、思いました。
網中いづるさんの絵はほんわかしていて可愛らしく、暖かい春のタンポポたちの雰囲気がよく伝わってきました。

特に綿毛が飛んでいくシーンがいいです。
言葉は、あまりあかちゃんなど小さい子どもたちを意識した優しい言葉にはなっていませんが、
端的で短くありのままを語られていて、情景がよく伝わってきて読みやすかったです。
絵が言葉にしっかり反映されているので、
読み聞かせに使うなら小さなお子さんから中学生くらいまで使えると思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか

網中 いづるさんのその他の作品

ふくはなにからできてるの? ―せんいのはなし― / あたし ときどき おひめさま / そだちノート / 鮎はママの子 / ヨコちゃんとライオン / 日本語を味わう名詩入門(17) 新川和江



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

たんぽぽ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット