もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
わんわん なにかな?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わんわん なにかな?

作: 正高信男
絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わんわん なにかな?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784790251071

9か月から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

片手でできる影絵をしながら、あかちゃんにオノマトペ(擬音・擬態語)で語りかけましょう。「わんわん」「にゃあにゃあ」「こんこん」「があがあ」。オノマトペは、「ものには名前があること」だけでなく、「動きのような抽象概念にも名前があること」を自然と理解するのに最適なことばです。あかちゃんと遊びながら語りかけてください。

ベストレビュー

影絵とのコラボが良い

この本は表題に「語りかけ 擬音・擬態語絵本」とあるように、あかちゃんにことばへの関心を高めるための絵本です。
今回は、影絵遊びを基本にして、何かな?という問いに、次頁に答えがあるという形式の作品になっています。
作者の正高 信男さんは、京都大学霊長類研究所教授。

同シリーズの「ぴょんぴょん なにかな?」は両手の影絵遊びでしたが、今回は片手の影絵。
犬、猫、狐、アヒルと4つの影絵が登場するのですが、知っていたのは狐だけでした。
実際にやってみると、犬は、難しく形すら出来ません。
猫も、一寸分かり難いかなという感じがしました。

とは言え、影絵と絵本とのコラボレーションで、あかちゃんに語りかけるというのは、とても良い刺激になると思います。
あきやまさんの絵が絶妙です。

このシリーズは6冊出ていて、ファーストブックにオススメします。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


正高信男さんのその他の作品

がたごと なにかな? / かめかめ かもめ / ぴょんぴょん なにかな? / ぱいぱい おっぱい / ぼうぼう まんぼうくん

あきやま ただしさんのその他の作品

へんしんテスト / たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん



40年以上ご家庭で読まれ続けているクリスマス絵本

わんわん なにかな?

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット