うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
ポッダとポッディ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポッダとポッディ

  • 絵本
作: シビル・ウェッタシンハ
絵: 松岡 享子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「ポッダとポッディ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年04月
ISBN: 9784834080711

読んであげるなら・4歳から
自分で読むなら・小学低学年から
27X20cm 28ページ

出版社からの紹介

ポッダとポッディは貧しい夫婦でした。ある日、仕事にもいかずネコと遊んでいるだんなさんのポッダに腹をたてた奥さんのポッディーは、うちじゅうさがしてようやく10ルピー玉1個を見つけると、何か食べる物を買ってくるようにポッダに頼みました。ところがポッダは、気の毒そうなおばあさんから、種にする玉葱を買ってきてしまったので、ポッディはかんかん。玉葱を庭に放り投げました。ところが……。

ベストレビュー

舞台は南国、若い夫婦の物語

物語の舞台は南の方の島国ではないでしょうか?
のんびりとした気質の人々で、見ていて楽しいです。
福音館のおすすめ年齢には読んであげるなら4歳から、と、ありますが、
主人公の二人が若い夫婦ですし、物語の展開的にも、
4,5歳の子がこの物語に共感できるかな〜と、ちょっと考えてしました。
学校や幼稚園など大勢のお子さんがいる場所での読み聞かせに使うなら、小学校の中学年から高学年くらいにお勧めします。

絵ははっきりとしていて遠目が利きますし、翻訳が松岡享子さんなので、日本語の文章もとても読みやすいです。
南国に興味のある人、野菜が好きな人、商売のやり取りに興味を持っている人にもおすすめです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シビル・ウェッタシンハさんのその他の作品

わたしのなかの子ども / ポッダとポッディ / かさどろぼう / ねこのくにのおきゃくさま / かさどろぼう / きつねのホイティ

松岡 享子さんのその他の作品

りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス / 新装版 フランシスのいえで / うたこさんのおかいもの



第12回 『あったかいな』の片山健さん

ポッダとポッディ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット