くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ゼロからのつり入門
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゼロからのつり入門

監: 西野 弘章
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年07月
ISBN: 9784092303522

A5判 176ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

食べられる魚が二本の竿でガンガン釣れる!

小学校中学年以上向けの釣り入門書の決定版です。本書でおもに使う竿はリールのないノベ竿1本とリール竿1本のほぼこの2本だけなので、小学生でもあまりお金をかけずに釣りを始められるだけでなく、本書でこの2本の竿でねらう魚は海・淡水のさまざまなフィールドの約40種類。しかもそのほぼすべてがアジ、テナガエビ、ニジマス、メバルなど食べておいしい魚ばかりです。もちろんどれも釣りを始めたその日から釣れるように、釣り方は使う竿ごとに、対象とする魚ごとに親切解説! 従来の入門書ではやや難しく見えた釣りの基礎知識も、20ページ近くの超入門編まんがで早わかりできます。また入門書とはいいながらも大人にも人気のエギング、さらに小学生でもできるアユのエサ釣り、砂浜で爽快に楽しめる渚釣りなど、大人が読んでも目からうろこが落ちる釣りもたっぷり紹介されており、親子で釣りを始めるための1冊としてもおすすめできます。

編集者からのおすすめ情報
監修者は『週刊 日本の魚釣り』の監修もつとめ、釣り入門者へ向けた楽しくやさしい解説においては右に出る者がいない西野弘章氏。また表紙カバーイラストを描くのは『神様のカルテ』シリーズなどのカスヤナガト氏。まったく新しい釣りの入門書にふさわしいお二人がお力を貸してくれました

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




忙しいお母さんにも読んでほしい!期間限定全ページためしよみ中!

ゼロからのつり入門

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット