ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
あむ あむ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あむ あむ

  • 絵本
文: 中川 ひろたか
絵: ささめや ゆき
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年03月
ISBN: 9784251012333

0歳から
18.0×18.0cm/24ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

パンダちゃんがにんじんを「あむあむ」。
くまさんはブロッコリーを「あむあむ」。
おさるさんもぞうさんも、みんな上手に美味しそうに野菜を食べています。
おうくんは「ぱち ぱち ぱち」。
手をたたいてほめてあげます。

最後はもちろんおうくんも「あむ あむ あむ」。
こんなにたくさん野菜を食べて、すごいねおうくん「ぱち ぱち ぱち」。

離乳を終えて、食べる喜びを知ったばかりのあかちゃん。
あむあむ食べることに夢中です。みんなが食べているところだって興味津々。
そんなおうくんの表情はとってもうれしそうですよね。

「おうくんといっしょ」シリーズは、絵本作家中川ひろたかさんの初孫である“おうくん”が主人公のあかちゃん絵本です。0歳から2歳にかけてのあかちゃんを包み込むのは「できるよろこび」と「みまもるうれしみ」とのこと。とっても素敵な言葉ですよね。家族みんなの幸せな気持ちまで感じてしまいます。
そんな風に中川さんがおうくんとの経験の中で見つけた言葉があつまって誕生したのがこの絵本なのです。「幼い孫を見守る目線」というテーマに共感され、可愛いおうくんを描きだすことになったのは、ささめやゆきさん。おおらかな線とほんわかした色がおうくんをとりまく優しい空気をつくりあげます。

テンポのよい、くりかえしが心地のいい言葉の中で、色んな発見をしたり、体験を繰り返していく様子を家族でゆったり楽しんでくださいね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

あむ あむ

出版社からの紹介

作家の中川ひろたかさんの初孫・おうくんが主人公の赤ちゃん絵本です。1歳になるころの赤ちゃんを包む「できるよろこび・みまもるうれしみ」を、テンポのよいことばで表現しました。同じ気持ちを共有してくださった画家のささめやゆきさんが、大らかでやさしい絵を描きました。3巻は食べるおはなし。野菜を「あむあむ」する動物たちをほめてあげるおうくん。最後はもちろん、自分もおいしく、あむあむあむ。食べる喜びを描いています。

ベストレビュー

野菜を食べる

乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
おうくんといっしょ・3です。
パンダ、くま、さる、ぞうが登場し、それぞれ、にんじん、ブロッコリー、トマト、ピーマンを食べ、
その光景を見たおうくんが拍手する趣向。
でも、もっとすごいのは、おうくん、これらを全部食べるのですよ!
食べる時の擬音が「あむ あむ」。
私はこの表現、とってもぴったりでお気に入りなので、嬉しかったです。
野菜を食べると、わあ、すごいって、拍手されるなんて、素敵な光景です。
ぜひ、食事の場面で取り入れてあげてほしいですね。
(レイラさん 40代・ママ 男の子20歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 ひろたかさんのその他の作品

おとのさま、スキーにいく / バスの うんてんしゅの エレフさん / わすれんぼうのサンタクロース / 100円たんけん / しょうぼうしの サルサさん / わにのスワニー

ささめや ゆきさんのその他の作品

おとうさんは、いま / 三方一両損 / バイバイ、わたしの9さい! / なかよくなれたね / 椅子 しあわせの分量 / あひるの手紙



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

あむ あむ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット