だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
路上のストライカー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

路上のストライカー

  • 児童書
作: マイケル・ウィリアムズ
訳: さくま ゆみこ
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年12月20日
ISBN: 9784001164046

四六判・並製・270頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

デオは年のはなれた兄のイノセントとともに,ジンバブエの故郷の村での虐殺を生きのびて,見知らぬ父のいる南アフリカを目指す.ワニが棲息する川をこえ,野生動物の保護区を走りぬけ,さまざまな困難の果てに待っていたのは,外国人である自分に向けられる憎しみとおそれだった.過酷な運命に翻弄されながらも,少年はサッカーで人生を切り拓いていく.

ベストレビュー

息苦しいほどの悲しみが

ジンバブエの村の大虐殺で家族を失ったデオは、知的障害をもつ年の離れた兄と、父親が働いている南アフリカを目指します。
次々と描かれる残虐なシーンに息がつまりました。
どちらが保護者なのかわからない兄と弟の、助け合う関係が危機を乗り越える際の 緊張感に現実感を加えています。
その兄が焼き殺されるという地獄とデオの虚脱感は、痛いほど共感出来ました。
この物語はフィクションですが、それを作り上げる事実と社会の現実がとても哀しいと思いました。
デオが好きなサッカーが、物語の中心におかれています。
実際に行われたホームレス・ワールドカップをモデルにしているそうですが、このスポーツが包み込む闘争心とチームワークと、国や民族を越えた連帯意識が象徴的でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

さくま ゆみこさんのその他の作品

バンブルアーディ / ノックノック みらいをひらくドア / 白いイルカの浜辺 / みんなからみえないブライアン / 英日CD付 英語絵本 おおきなのはら Over in the MEADOW / おばあちゃんからライオンをかくすには



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

路上のストライカー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット