こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
岩波少年文庫 わたしたちの島で
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 わたしたちの島で

  • 児童書
作: アストリッド・リンドグレーン
訳: 尾崎 義
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥920 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年05月16日
ISBN: 9784001142228

小学5、6年以上
B6変

出版社からの紹介

バルト海に浮かぶ小さな島、ウミガラス島へ避暑にやってきた、メルケルソン一家。父と四人の子どもたちは、島での暮らしや遊びに、大はしゃぎです。

 まるまるとして元気な島の女の子チョルベンと、その大きな犬、水夫さんともすぐに仲良しになります。

 ぶきっちょな父親メ ルケルは、物を壊したり、海に落っこちたり、騒ぎが絶えません。やさしくかわいい長姉マーリンは、いろいろな男の人に言い寄られ、弟たちをハラハラさせます。末っ子のペッレは動物や昆虫を愛する男の子。大切にしていたうさぎのユッケをめぐるお話は、胸に響きます。また、あるとき、チョルベンがかわいがっているアザラシのモーセが売られてしまいそうになりますが、みんなはなんとかそれを阻止すべく、お金を稼ごうと奮闘します。

 もともと、スウェーデンでテレビドラマ脚本として書かれ、ドラマ放映後、児童向け読み物として出版されたのがこの『わたしたちの島で』です。さらに、ドラマ放映と本の出版と同年の1964年には、映画が作られました。その映画(邦題『なまいきチョルベンと水夫さん』)が、今年7月、日本で初めて公開されます。ぜひ、映画とあわせて、本作をお楽しみください。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 暴力は絶対だめ! / ピッピ、お買い物にいく / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

尾崎 義さんのその他の作品

岩波少年文庫 名探偵カッレとスパイ団 / 岩波少年文庫 カッレくんの冒険 / 岩波少年文庫 名探偵カッレくん / 岩波少年文庫 105 さすらいの孤児ラスムス / 岩波少年文庫 550 北欧神話 / リンドグレーン作品集 15 わたしたちの島で



光るページも楽しめる♪ 参加型ハロウィン絵本

岩波少年文庫 わたしたちの島で

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット