だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
うまやのそばのなたね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うまやのそばのなたね

  • 絵本
作: 新美 南吉
絵: 鈴木 靖将
出版社: 新樹社

本体価格: ¥1,300 +税

「うまやのそばのなたね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

光あふれる菜の花畑。そこに生まれてくる小さないのちたちに、慈愛に満ちた母のまなざしがそそがれます。

ベストレビュー

期待感に満ちたお話

これから開花しようとしているなたねのつぼみたちは、まだ見ぬ世界に夢膨らませています。
子どもを産んだ母馬は、子どもが眼を開くのを望みながらドキドキしています。
春の暖かい日射しに包まれて、気持ちのいいお話です。
なたねのつぼみの中に、ちょうちょのさなぎが紛れ込んだところも素敵に感じました。
直接お話にはないけれど、小さなイモムシが一匹、絵の中でなたねを見守っているのも、可愛く感じました。
新しい新美南吉を見つけました。

(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


新美 南吉さんのその他の作品

ごんぎつね / きつね / 巨男の話 / のら犬 / げたにばける / 国語が楽しくなる新美南吉絵童話集(3) ついていったちょうちょう

鈴木 靖将さんのその他の作品

ひろったらっぱ / 里の春、山の春 / げたにばける / にひきのかえる / かげ / 木のまつり



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

うまやのそばのなたね

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット