庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
あのね…
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あのね…

  • 絵本
文・絵: エマ・ドッド
訳: ながい よしこ
出版社: バベル・プレス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年04月01日
ISBN: 9784894491465

20.5× 20.5 cm/24ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

笑顔の子ザル君とやはり笑顔の大きなおサルさん。
二人(ほんとうは「二頭」とか「二匹」とか言うべきなのでしょうが、
どうしても「二人」と呼びたくなってしまうのです)が
こんなにすてきな笑みを浮かべているのはなぜでしょう。
その秘密がこの絵本には描かれています。
読むうちに胸の奥がほっこり温かくなってきて、
読んでいる人の顔にも、
二人と同じような笑顔が浮かんでくるに違いありません。

ベストレビュー

寄り添ってくれる絵本

オレンジ色を背景に
おさるさんの親子が
とってもシンプルに
こっち見て、笑いかけてくれています

ところどころに
アクセントに“金ぴか”があるのが
なんか、素敵で
目を引き付けます

子ども用というより
育児にちょっと疲れ気味の大人に
いいかもしれません

余裕なく、子どもに振り回されて
身体も心も疲れきっている時に
ちょっと、寄り添ってくれるかもしれません

子ども側から見たら
どうなのかな?

当たり前のことなんだけど
こどもの言動で
ちょっとこまったところとか
否定したくなるところって
目につきやすくって
なかなか受け入れがたいですよね
でも、自分自身もそうだと思うのですが
こんなところも
実は、かわいいんじゃないのかなーって
気づくと
なんか、肩の力も抜けてきたりするものです

そんなことを、気づかせてくれます
深読みのし過ぎかな?(笑

なんか、ホッとしたい時に、どうぞ
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エマ・ドッドさんのその他の作品

ぜーんぶ・・・ / 「ニャオ」とウシがなきました / ぼくって… / おっきくなったら / どんなときでも



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

あのね…

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット