しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
北京―中軸線上につくられたまち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

北京―中軸線上につくられたまち

  • 絵本
作: 于 大武
絵: 文妹
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

中国の首都・北京。その中心をつらぬく中軸線にそって、南から北へ。北京のまちと紫禁城(現・故宮)を、あざやかな色彩と精緻な絵で紹介していきます。作者は、中国を代表する絵本画家の一人、于大武氏。巻末には、本文に登場する門や楼閣、廟、築山など、歴史的建造物のくわしい解説もついています。中国の歴史と都市のなりたちも理解できる、画期的な絵本です。日中同時刊行。

ベストレビュー

きっかけは、韓国ドラマ。

8歳の息子と読みました。

家族で見ている韓国ドラマ「奇皇后」で出てくる元の都、大都と、
皇帝の住む紫禁城がきっかけです。

紫禁城が今もあること、
北京の町は紫禁城を中心に規則正しく作られていること。
息子はなかなか興味津々でした。
途中で、「あれ、この絵本、
昔から今になってるみたいだよ!」と
私より先に気付いた息子。
北京の町を走る自動車で気付いたみたいです。

実は私自身も20世紀末に北京にいたことがある一人。
でもこの絵本に出てくる「鳥の巣」は当事にはなくて、
一番最後のページは、「私にも分からないものばかり」でした。

いつか「故宮博物館」を生で見せてあげたいものです。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

于 大武さんのその他の作品

三国志絵本 空城の計 / 三国志絵本 七たび孟獲をとらえる / 西遊記 (二) / 西遊記 (三) / 西遊記 / 新装版 封神演義 ナージャとりゅうおう

文妹さんのその他の作品

ヤンヤンいちばへいく



音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

北京―中軸線上につくられたまち

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット