もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
さがしてあそぼう冬ものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さがしてあそぼう冬ものがたり

  • 絵本
作・絵: ロートラオト・ズザンネ・ベルナー
出版社: ひくまの出版

本体価格: ¥2,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「さがしてあそぼう冬ものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784893173416

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

本を開くと、街やそのまわりでおこっているさまざまなできごとが、次からつぎと目に飛び込んできます。大きなできごとから、ほんの小さなできごとまで、建物の中でもそとでも、遠くでも近くでも、いろんな人たちや動物たちが、このある冬の日にドラマをくりひろげているのです。バスに乗り遅れて、走って追いかける人。カゴから逃げ出してしまったオウム。道ばたに落ちている赤いさいふ。いったい、物語がいくつみつかるかな?

ベストレビュー

誰にでも物語はある

はじめ、眺めた時には「あんまりおもしろくないなあ。
どうやって子どもと読もう?」と思ってしまったのです。
でも次に頁を開いて。
タイトルのとおり冬ものがたりをさがして読んだら
楽しかった楽しかった!
誰にでも物語はあるのですものね。
ひとりひとりの物語を子どもと一緒に丹念に拾って
読みました。3階建てのマンションのそれぞれの間取りの
違いや、住んでいる人がどの人で、といったこと。
バイクが途中で車を追い越したこと。オウムの行く末や
交通事故を起こしてしまった人のこと。帽子の運命などなど。
文字がない絵本なのに、とっても時間がかかりましたけど(笑)。
バイクに乗ってきた人が、まさかあの人だとは思わなかったなあ。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロートラオト・ズザンネ・ベルナーさんのその他の作品

さがしてあそぼう夜ものがたり / さがしてあそぼう秋ものがたり / さがしてあそぼう夏ものがたり / さがしてあそぼう春ものがたり / 数の悪魔 / ターニャのぼうけん



可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

さがしてあそぼう冬ものがたり

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット