あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ばらになった王子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ばらになった王子

  • 絵本
作: クレメンス・ブレンター
絵: リスベート・ツヴェルガー
訳: 池田香代子
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,219 +税

「ばらになった王子 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1983年
ISBN: 9784572002723

小学校中学年から
220×240mm・36p

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ドイツ・ロマン派の詩人がつくった物語に、国際的にたいへん評価の高い画家が、美しい絵をつけました。 言葉遊びを取り入れた、魔法やお姫棟の登場するファンタジックな物語絵本です。

ベストレビュー

ばらになった王子は、なぜ?

ロザリーナひめは花が大好きで、とりわけバラがすきだったので 、タエマナシ王子はバラになり、ロザリーナ姫と結ばれたかったのでしょうか?(王子の乳母が タエテナシおばさんといって 力ある魔女だったのでバラになったのでしょう)

かぼちゃとバラの花びらを口にしたロザリーナ姫は かわいい女の赤ちゃんを産むのです!

メルヘンチックなおはなしです。
ツウ”ェルガーの絵は 芸術的でどの絵も このお話に花を添えていました
訳は 池田香代子さんで 何だか 宝塚
の舞台を見ているようにも思えました!

赤ちゃんはひらり姫 長い間魔法にかかっていたのですが
魔法がとけて 幸せな結婚をして 男の赤ちゃんを授かるというお話です

ばらになった王子はこのひらり姫をみまもってあげたのでしょうが 
あまり 姿を見せることなく 縁の下の力持ちのような存在だったのですね
ドイツのロマン派の詩人が書いた民話ですから 日本人の感覚とはずいぶん違うな〜と感じましたが

宝塚の歌劇で見たいお話でした
子供たちには 少しわかりにくいのでは   女の子むきかな?
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


リスベート・ツヴェルガーさんのその他の作品

クリスマスの物語 ライオンと一角獣とわたし / おやゆびひめ / リスベート・ツヴェルガーの世界 / モルゲンシュテルンのこどものうた / ノアの箱舟 / ハーメルンの笛吹き男

さんのその他の作品

ブレーメンの音楽隊 / くるみ割り人形 / すべての子どもたちのために 子どもの権利条約 / 白鳥の湖 / 世界がもし100人の村だったら / ペローの赤ずきん



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

ばらになった王子

みんなの声(5人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット