クリスマス くろくま クリスマス くろくま クリスマス くろくまの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
みんなでプレゼントを持ち寄って、さあ、クリスマスパーティーのはじまりです。サンタさんからもステキなプレゼントがありました!
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
グリム 七わのカラス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

グリム 七わのカラス

  • 絵本
作: グリム
絵: リスベート・ツヴェルガー
訳: 池田香代子
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「グリム 七わのカラス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1985年
ISBN: 9784572002846

小学校中学年から
220×240mm・24p

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

賢い勇敢な女の子がはるばると旅をして、からすになってしまった七人の兄さんを助け出します。 象徴性に富んだ有名なグリム童話を、表現力豊かなツヴェルガーの絵でお楽しみ下さい。

ベストレビュー

グリム童話イコール・・

娘は、グリム童話=グロだと思っている節があり
夏場の怪談を聞くようなこころづもりで聴きはじめたようです。
私はまず、表紙絵の美しさに見せられ、この本を手に取りました。

お話は、男ばかりの7人兄弟が、のろいの呪文でカラスにされてしまい
それを8人目に生まれた娘が助けに行くというお話なのですが
途中、グリム童話らしく、
扉の鍵の替わりに自分の指を切り落とし鍵穴に入れるシーンがあり
娘とふたり「おおー」と思わずうなりました。
これは「グロ」というより、何かの暗示とか戒めとか
大人読みしたら、いろんなとり方ができるかと思うのですが
娘はたんに「残酷なシーン」と受け止めたようです。
(やこちんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

グリムさんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / 人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき / しらゆきひめ

リスベート・ツヴェルガーさんのその他の作品

喜劇レオンスとレーナ / クリスマスの物語 ライオンと一角獣とわたし / おやゆびひめ / リスベート・ツヴェルガーの世界 / モルゲンシュテルンのこどものうた / ノアの箱舟

さんのその他の作品

ブレーメンの音楽隊 / くるみ割り人形 / すべての子どもたちのために 子どもの権利条約 / 白鳥の湖 / 世界がもし100人の村だったら / ペローの赤ずきん



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

グリム 七わのカラス

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 2
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3



全ページためしよみ
年齢別絵本セット