サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
ながいかみのラプンツェル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ながいかみのラプンツェル

  • 絵本
作: グリム
絵: フェリクス・ホフマン
訳: 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年01月15日
ISBN: 9784834002096

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
31X22cm・36ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

魔女に連れ去られ、高い塔に閉じ込められたラプンツェル。彼女の歌声を聞いた王子が塔に向かって呼びかけると、黄金色の長い髪がおりてきて……。瀬田貞二生誕100年記念出版。

ベストレビュー

深い闇に射すものは、

ホフマンの描く絵本たちには、様々な形ではあるけれど、どれも愛を感じずにはいられません。
ラプンツェルは、その中でも私が最も切なく苦しいほどの愛を感じた、とっておきの一冊です。

「残酷」とも思われるような表現があるのも確かです。
けれども、闇があるからこそそこに光が射すように、この残酷さこそが、この本で描かれた愛を、より強く美しく見せているのではないでしょうか。
瀬田さんもホフマンも、この絵本中、その闇の部分をかなり色濃く映し出しているように感じます。
ですから、ここまでのものを、子どもに見せるのは!という方が多いということにも、納得いきます。
でも、私はきっと、子どもにもこの絵本を与えます。
だって、子どもにその残酷な部分を見せることの、何がいけないのでしょう。
辛いこと、悲しいことからは、どうしたって逃れられません。
どんなにもがいてみたところで、より深く沈んでいくばかりです。
その恐ろしいものたちと、空想のお話の中ですら、子どもに向き合わせないだなんて。
それは子どもにとって、本当にいい選択といえるものなのでしょうか。

絵本とは、現実とは違う夢の世界に、私たちを連れて行ってくれるものではないでしょうか。
そしてそれは、必ずもとの世界に帰って来られるという、絶対安全保障付きのものなのです。
ぜひ、沢山の夢の旅を、子どもにはさせてあげたいと、私は願っています。

(####さん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリムさんのその他の作品

ラプンツェル / 人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき / しらゆきひめ

フェリクス・ホフマンさんのその他の作品

くまの皮をきた男 / グリムの昔話 赤ずきん / 福音館文庫 グリムの昔話1  / グリムの昔話3 文庫版 / グリムの昔話2 文庫版 / フェリックス・ホフマンの世界

瀬田 貞二さんのその他の作品

おなかのかわ / ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし / こどものとも 日本の昔話 うしかた と やまうば



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ながいかみのラプンツェル

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット