すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
さるとかに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さるとかに

  • 絵本
作・絵: 西内 としお
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥580 +税

「さるとかに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1988年
ISBN: 9784052009723

幼児(2歳〜)

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

誰でも知っている名作お話にはじめて出会う子どものための絵本。子どもが何度も手に取れるように、あまり大きくもなく、重くもない、手軽な美しい本で、楽しい仕掛けもいっぱいあり、お母さんの読み聞かせ絵本としても最適。

ベストレビュー

あくまでも明るく

普通は「さるかに合戦」として知られているお話です。

昔話はもともと残酷なものが多いもの。「カチカチ山」も御伽草子だったときは怖い描写があったのに段々子供向けになってきていますよね。

この絵本もそんな流れの中の一冊でしょうか。
本来、「仇討ちもの」であるお話がライトに描かれています。
だからタイトルからもあえて「合戦」を抜いたのかも知れません。

物語はさるがかにの持っているおにぎりに目を付け、柿の種と交換するように持ちかけるところから始まります。

かにはよろこんでおにぎりを交換し、毎日 柿の種に水をやり収穫を迎えるのでしたが。。。

「はやくめをだせ かきのたね ださねば、、、、」

の文句は誰でも知っていますよね。そんな部分はきちんと残しながら、しかけと絵柄があいまって明るくコミカルにかにのこどもと仲間たちがさるをやっつけます。

少々、割愛されている部分もありますがよくまとまったいい絵本だと思います。

 子供の頃、わたしが聞いた「さるかに合戦」はとにかくさるに対して腹が立って仕方なかったものです。

これくらい短く、あかるい方がお子様向けだと思います。
(ひよこまめさん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

西内 としおさんのその他の作品

さがしてかいてたっぷりあそべる おえかきかおぬりえ / ほっとほっとホットケーキ / とんとんとんとん ひげじいさん / いま、なんじ? 3歳からのとけいえほん / 優しいヒーロー / (デジタル) 「うさぎとかめ」中川ひろたかの名作おはなし絵本15



23人の絵本作家から未来の子どもへメッセージ

さるとかに

みんなの声(5人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット