雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
【クリスマスプレゼントにオススメ♪】 一目惚れ続出の「乗れちゃうはらぺこあおむし」。大人気販売中です!
しらべよう!はたらく犬たち(1) 盲導犬・聴導犬・介助犬
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しらべよう!はたらく犬たち(1) 盲導犬・聴導犬・介助犬

監: (財)日本盲導犬協会 (社福)日本介助犬協会 (特)聴導犬普及協会
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,800 +税

「しらべよう!はたらく犬たち(1) 盲導犬・聴導犬・介助犬」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

犬は、何千年も昔から、臭覚や聴覚など人よりすぐれた能力を生かして、人を助けて働いてきました。盲導犬や聴導犬、介助犬などの補助犬。いまも昔も、人間のかけがえのないパートナーである働く犬たちを、中学年から使えるわかりやすい文章と高学年も満足の豊富な内容と写真で解説します。

ベストレビュー

はたらく犬たちを知ろう!

一頭の盲導犬を育てるのに、これほど大変だとは思いませんでした。
2年間、たくさんの人の世話や訓練を受け、盲導犬になれる犬は、10頭中わずか3〜4頭だそうです。
利用する障害者の人にも条件や試験があることにビックリしました。
そして、障害をもたない人たちも、その役目を十分理解し、適切な協力をするべきだと感じました。

他にも介助犬、聴導犬が紹介されています。
それぞれの役目に対して、性格や体の大きさなど、向き不向きがあることもよくわかりました。

人間のために役だってくれている犬たちのシリーズ全4巻。
全巻読んで、それぞれの犬たちの役割を、もっときちんと理解したいなって思いました。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




風変りで美しい表現方法がたくさん!

しらべよう!はたらく犬たち(1) 盲導犬・聴導犬・介助犬

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット