アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
しらべよう!はたらく犬たち(1) 盲導犬・聴導犬・介助犬
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しらべよう!はたらく犬たち(1) 盲導犬・聴導犬・介助犬

監: (財)日本盲導犬協会 (社福)日本介助犬協会 (特)聴導犬普及協会
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

犬は、何千年も昔から、臭覚や聴覚など人よりすぐれた能力を生かして、人を助けて働いてきました。盲導犬や聴導犬、介助犬などの補助犬。いまも昔も、人間のかけがえのないパートナーである働く犬たちを、中学年から使えるわかりやすい文章と高学年も満足の豊富な内容と写真で解説します。

ベストレビュー

はたらく犬たちを知ろう!

一頭の盲導犬を育てるのに、これほど大変だとは思いませんでした。
2年間、たくさんの人の世話や訓練を受け、盲導犬になれる犬は、10頭中わずか3〜4頭だそうです。
利用する障害者の人にも条件や試験があることにビックリしました。
そして、障害をもたない人たちも、その役目を十分理解し、適切な協力をするべきだと感じました。

他にも介助犬、聴導犬が紹介されています。
それぞれの役目に対して、性格や体の大きさなど、向き不向きがあることもよくわかりました。

人間のために役だってくれている犬たちのシリーズ全4巻。
全巻読んで、それぞれの犬たちの役割を、もっときちんと理解したいなって思いました。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

しらべよう!はたらく犬たち(1) 盲導犬・聴導犬・介助犬

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット