いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
そよかぜはなさん 40代・ママ

なぜいっことさんこ?!
リズミカルに読み進められる本です。 …
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
あのほしなんのほし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あのほしなんのほし

  • 絵本
文: みき つきみ
絵: 柳原 良平
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年05月25日
ISBN: 9784772102209

4歳から
200 x 210mm/24ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

1年を通して、私たちの頭上に広がっている星。
星に興味を持ち始めた子どもたちにピッタリの絵本の登場です。

まず最初に登場するのは、日暮れ直後の西の空、金色に輝く一番星「金星」。
春の北の空で一等目立つ、「北斗七星」は、こぐま座を追いかける「おおぐま座」。
夏に広がる「天の川」に、「こと座」「わし座」「はくちょう座」の大三角。
春夏秋冬の四季の移り変わり、日の入りから日の出までの時間の経過を巡って、
代表的な星たちがひとつひとつ丁寧に紹介されます。

みきつきみさんのリズミカルな文章と、柳原良平さんの味のある星座たちが、
鮮やかに夜空を彩る様子は、星めぐりをしているような豪華さです。

ほうき星が魔女の乗るほうきの先についていたり、
6つ並んだスバルがホタルの光になっていたり、
星座のモチーフをただ絵にするだけでなく、
柳原さんのイメージを随所に感じられるのも楽しい1冊。

巻末に載っている、星の説明ページで、
絵本に登場する星についてさらに詳しく知ることができるので、
絵本を手に、お子さんと星空観察に出かけるのもオススメです。

(木村春子  絵本ナビライター)

あのほしなんのほし

出版社からの紹介

春の北斗七星、夏は天の川をへだてて織り姫、彦星。秋のカシオペヤ座に冬のオリオン座。夜空を彩る代表的な星座を季節に沿って紹介します。お休みの日には親子でゆっくり星空を見上げてみませんか?巻末に解説付き。

ベストレビュー

星に興味を持つきっかけになったらいいな

子どもたちも私も柳原良平さんの絵が大好きなので、表紙の絵を見てうれしくなって手に取りました。
季節ごとに見える星たちの解説が、わかりやすくシンプルに語られています。柳原良平さんの絵は、オシャレで温かみもあって、スゴいなといつも思います。
巻末には詳しい解説もあって、勉強になりました。
子どもたちが星に興味を持ついいキッカケになったらいいなと思います。

(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子10歳、女の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


みき つきみさんのその他の作品

十二支のしんねんかい / どんぶらどんぶら七福神

柳原 良平さんのその他の作品

ミニえほん やさいだいすき / ミニえほん かお かお どんなかお / むにゃむにゃきゃっきゃっ / あっ! / まほうつかいのでし / 柳原良平のごきげん紙工作



『パンツいっちょうめ』<br>苅田澄子さん やぎたみこさんインタビュー

あのほしなんのほし

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット