もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぼくのはね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのはね

作・絵: きたむら えり
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「ぼくのはね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年06月

4才から5才向き
こどものとも年中向き 2006年6月号

出版社からの紹介

りすのころは、お父さんとお母さんと一緒に、はるにれの木に住んでいます。好きなものは、お父さん手作りのぶらんこと、おやつと、小鳥の羽根です。あるお天気の日、ころは集めていた羽根を干してから、森へ遊びに出かけました。しばらくして帰ると、干していた羽根がなくなっています。ころの羽根をもっていったのは……。

ベストレビュー

きれいな羽のコレクション 人助けできたね 

私の友達が この絵本を孫に買ってあげたいと言いまして 私は図書館で借りて読んでいます

りすの ころは きれいな羽をたくさん集め それを袋に入れて 羽枕にしています
お天気の日にお母さんが羽を干しなさいと言いました
きれいな羽のコレクション

ところが 干していた羽がなくなりました・・・・  ショック
なんとムクドリが はねを巣の中に入れて 卵を産みひなをかえそうとしていたのです

ある日 ころは ムクドリの巣に カラスがやってき 卵を襲おうとしているのを見     追い払おうと頑張ったのです!
ころは あんまり頑張り 力尽きて 寝込んでしまいます 

そんな時 ムクドリの卵から ヒナがかえった声を聞きました

ころの大事な羽がムクドリの役に立って良かったね

ころの優しさ ほのぼのしたお話でした

友達のお孫さんはこの絵本が好きになることでしょうね!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

きたむら えりさんのその他の作品

アレハンドロの大旅行 / おおきな ありがとう / これ なーに? / オットーのくちぶえ / 森の学校のなかまたち / 森に学校ができた



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

ぼくのはね

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット