話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる
おしばいにいこう

おしばいにいこう

作: ヌリア・ロカ
絵: ロサ・マリア・クルト
訳: 鴻上尚史
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年03月
ISBN: 9784893093813

ベストレビュー

演劇の楽しさ

子どものえんげき入門、と副題にあります。
学校などでは案外、生の演劇に触れる機会があるものです。
そんな時に、この本で演劇の魅力を知っておくと、楽しみも倍増ですね。
いえいえ、難しくありません。
身近な物を使ったり、少し想像力を働かせれば、どこでも舞台、
いろんなものに変身!
この絵本自体もイラストばかりでなく、いろんなものの貼り絵があって、
視覚的にも楽しい構成になっています。
「おしばい」という表現が、何かとてもワクワクさせてくれます。
(レイラさん 40代・ママ 男の子12歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鴻上尚史さんのその他の作品

学校ってなんだ! 日本の教育はなぜ息苦しいのか / 鴻上尚史のますますほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋 / 小学館YouthBooks 親の期待に応えなくていい / 何とかならない時代の幸福論 / 同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか / ドン・キホーテ 笑う!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > おしばいにいこう

子どもの感性を育み、こころに残る絵本児童書8選 レビューコンテスト<西日本ファミリー読書>

おしばいにいこう

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット