モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
声の森
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

声の森

作: 安房 直子
絵: ひろかわ さえこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「声の森」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784030164208

小学中級から

出版社からの紹介

迷いこんだものの声をまねる森に入ってしまったつぼみちゃん。家に帰ることはできるのでしょうか。安房直子の傑作短編を絵本化。

ベストレビュー

子供版 本格的ミステリー☆

声の森という ふしぎな森がありました。
そこには 生きものは なにひとつなく ふるいかしわの木々が
うっそうと生いしげっているばかりでした。
かしわの木々は みんな「ひとまねの木」でした。

こんな書き出しで始まります。
最初の場面で こうやって断言されると パッとお話の世界に入っちゃいますよね。
このあとも たっぷり2つの場面を使って
お話の背景をしっかりと植え付けてくれます☆
安房さんの文章と ひろかわさんによる場面割が
とっても良いバランスに感じられました。
絵は 何となく映画のワンシーンを思わせるような
アングルで描かれていて これも見所だと思います☆

ちょっとミステリアスな書き出しで 
ぞくぞくっとしたりしますが
これは 知恵と勇気と優しさを持った女の子…
つぼみちゃんのお話です。
森に迷い込み倒れていたニワトリを抱いて
「声の森」で一晩を過ごしたつぼみちゃん。
そんな心細い時間をしっかり支えてくれたのは
<お母さん>でした。
(詳しいことは読んでみてのお楽しみ♪にさせてください。)
母の深い愛は 子供を限りなく強くする☆
…のかもしれませんね。
もちろんハッピーエンドですから 安心して読んでくださいね。
(西の魔女さん 30代・ママ 女の子13歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安房 直子さんのその他の作品

銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ / 偕成社文庫 北風のわすれたハンカチ / 風のローラースケート 山の童話 / みどりのスキップ

ひろかわ さえこさんのその他の作品

あと、いくつ? / ぱんぽこぽん / たんぽぽでんしゃ / じゃがいもちゃん / おまめちゃん / ぷちとまとちゃん



お気に入りのくだものはどれ?

声の森

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット