貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
【新装版】科学のアルバム カラスのくらし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

【新装版】科学のアルバム カラスのくらし

著: 菅原光二
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年03月
ISBN: 9784251033703

小学校低学年以上
B5変型判/54ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

カラスは町でも見られる身近な鳥。群で敵を追いはらうようすや、すぐれた知能を使ってたくましく生きる姿を追います。

ベストレビュー

大嫌いなカラスだけど・・・

以前カラスに襲われたことがあり、それ以来親子でカラスは苦手です。
が、この本を読んでカラスのイメージが変わりました。

カラスの視点で日々の暮らしを見つめると、カラスが食料を得ることの大変さや人間の身勝手さが浮かび上がってきます。
こどもに至っては
「カラス、かわいそう〜」
とすっかりカラスの味方です。

出版されたのは少し昔ですが、今読んでも十分読みごたえがありました。
普段は絵のきれいな物語などを読むことが多いのですが、たまにはこういう本も良いですね。
(夜の樹さん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


菅原 光二さんのその他の作品

しぜんにタッチ! りんごみのった / ツバメのくらし



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

【新装版】科学のアルバム カラスのくらし

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット