雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ながい よるの おつきさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ながい よるの おつきさま

  • 絵本
作: シンシア・ライラント
絵: マーク・シーゲル
訳: 渡辺葉
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ながい よるの おつきさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

発行日: 2006年01月
ISBN: 9784062131193

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ネイティブ・アメリカンが満月につけた12の美しい名前

子どもにとって夜は、禁じられた世界のようなものだ。なにしろ、おやすみを言ってベッドに入らなければならない時間なのだから。けれど、だからこそ、夜はわくわくするような魅力に満ちた時間なのである。本書「ながいよるのおつきさま」の文章と絵が、子どもたちが夜を味わい、そのかくされた魅力を祝福するきっかけとなるよう、心から祈っている。――マーク・シーゲル

ベストレビュー

素敵な言葉と絵

おはなし会のテーマを「月」にした時
「おはなし会では読まないけど
これは、お母さん達に紹介したいなぁ〜」と
先輩が持参した絵本

12ヶ月の月の名前が素敵です

絵が木炭で描かれているそうで
なんともやさいく美しく
暗闇が群青色のグラデーションのような・・・

言葉もとても素敵です

大人向けかな
でも、感受性の強い子は
好きかも

それにしても
なぜ、人は、お月様が好きなんでしょ(^^ゞ
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シンシア・ライラントさんのその他の作品

ねこたちのてんごく / わたしが 山おくに すんでいたころ / ゆき / ウォルト・ディズニー シンデレラ / ヘンゼルとグレーテル / わにになった子ども



「ももちゃん はなちゃん」シリーズ <br>つちだよしはるさんインタビュー

ながい よるの おつきさま

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.74

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット