庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
葡萄色のノート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

葡萄色のノート

  • 児童書
作: 堀内 純子
絵: 広野 多珂子
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年09月
ISBN: 9784251041876

小学校高学年以上
A5変型判/189ページ

出版社からの紹介

梢がおばあちゃんからあずかった葡萄色のノートには、戦前朝鮮半島に渡った少女すずの手記に始まり、5人の少女の喜びや悲しみ、亡き父への想い、朝鮮・韓国への愛が書き綴られていた。

ベストレビュー

歴史に埋もれた個人の思い

14〜5歳の直系の女の子が代々書いていくノート。家族のことや今の自分の想いが綴られています。
そこには泣く泣く朝鮮に渡ったことだったり、朝鮮の山に緑を戻す仕事だったり、引き揚げてから受けた辱めだったり、結核を患ったこと。さまざまに代々の女の子の気持ちが綴られています。

ファンタジーと心軽く読んでいた私はビックリ。朝鮮侵略、そこで生きた日本人、引き揚げのことも、教科書で習った程度にしか知らなかったので、ひとつひとつベールを剥いでいくような繊細で複雑な想いに自分を乗せて、飽きることなく読みました。
えらいリアルだけど、これ実話?え?と最後まで。
作者の母の創作に後を繋げたようですね。確かに最初は雰囲気違います。

これを児童文学世代が読んでくれたら、そりゃ嬉しいなぁ。作者の思いがわかる。
オバサンでさえう〜んと思ったもの。主人公と同じ十代に読んで欲しい。考えて欲しい。返却期限が大丈夫なら娘に読ませたかった。
これこそ人の人生を体験できる読書の醍醐味をいっぱいに詰めた本。

主人公の揺れる想い、経験して確信していく想いがよく伝わってきました。反対派の友達と話し合おうという姿勢がいいなと思いました。
国の歴史に埋もれた個人の想いは違う。ほんと、そうかも。教科書ではなく、身近な人にたくさんのお話を聞いていきたい。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


堀内 純子さんのその他の作品

ひまな岬の菜の花荘 / さやかのふしぎな六日間 / ルビー色の旅

広野 多珂子さんのその他の作品

あかちゃん、がんばれ! / ピーテル、はないちばへ / ハートのはっぱかたばみ / 文庫版 魔女の宅急便6冊セット / かまきり じいっと じいっと / ぞうきばやしのすもうたいかい



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

葡萄色のノート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット