くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
海へいった赤んぼ大将
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

海へいった赤んぼ大将

  • 児童書
作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥980 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「海へいった赤んぼ大将」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1968年07月
ISBN: 9784251063663

小学校中学年以上
A5判/161ページ

出版社からの紹介

タッチュンは、小鳥や動物、なんと機械とも話ができる赤んぼ。現代的感覚で書かれた楽しい空想物語。

ベストレビュー

タッチュンの冒険

赤ちゃんは動物や植物とおしゃべりしているように見えることがあります。
そんな赤ちゃんの不思議な能力から生まれた、ドキドキワクワクの冒険物語です。

更に主人公のタツオ(タッチュン)は、機械ともおしゃべりの出来るスーパー赤ちゃん。
その能力を活かして、パワーショベルに迷い込んだ恐竜の魂を救う為に海に向かいますが・・・

佐藤さとるさんのSFファンタジーの良さが一杯詰まった面白い作品です。
色々なトラブルが起こり、その度にハラハラドキドキ、でも最後はパワーショベルの優しい心にふれ、温かい気持ちになる素敵なお話でした。

最初の場面で、タッチュンが破いた恐竜とパワーショベルの絵本が、それからの展開を暗示しているということを、最後の場面で知らされます。

タッチュンのその後のお話も是非読んでみたいと思わせるお話でした。
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

佐藤 さとるさんのその他の作品

コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / えんぴつ太郎のぼうけん / オウリィと呼ばれたころ / 机の上の仙人―机上庵志庵

村上 勉さんのその他の作品

コロボックル ぬりえ / コロボックルの小さな画集 / 旅猫リポート / 絵本「旅猫リポート」 / コロボックル絵物語 / 絵本 旅猫リポート



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

海へいった赤んぼ大将

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット