もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
はこちゃんのおひなさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はこちゃんのおひなさま

  • 絵本
著者: 丸田 かね子
画家: 牧野 鈴子
出版社: 銀の鈴社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784877868253

B5 / 52ページ

出版社からの紹介

空襲が本土を襲い始めた昭和19年。幼いはこちゃんは、遠い親戚に疎開します。粗末な母屋での母の死。毎年かざるお雛様の官女に、亡き母の姿が重なります。
児童文学作家 日野多香子氏が推薦!

ベストレビュー

伝えたいおはなし

絵がイラストのような雰囲気でありながら
とっても素敵です
でも、おはなしは
はるこおばあちゃんこと
はこちゃんの少女の頃
戦争中の悲しい出来事も

お雛様ではなく
三人官女に似ているお母さんの面影
お母さんとの思い出
なんともせつなくなります

それでも
淡々と語られていて

でも、写真撮影で登場するのは
「孫のおさむさん」とのこと
ということは
戦争後は、はるこおばあさんは
幸せだったのでは・・・と
想像させられます

雛人形とのお別れのことなのですが
後世に残すという意味では
悲しいけど
素敵な決断だったんですね

モノを大切にするという心も
伝わります

ピンクの可愛いお洋服の女の子の登場に
ホッとしました

お雛まつりに
こういう絵本もいかがでしょうか
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

牧野 鈴子さんのその他の作品

ふたりは屋根裏部屋で / クッキーとコースケ 犬と走る日 / 海をわたったヒロシマの人形 / 忘れないよリトル・ジョッシュ / ゆきだるま / 黒ばらさんの魔法の旅だち



お気に入りのくだものはどれ?

はこちゃんのおひなさま

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット