十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
悟空、やっぱりきみがすき!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

悟空、やっぱりきみがすき!

  • 絵本
作: 向 華 (シャン ホワ)
絵: 馬 玉 (マア ユイ)
訳: 施 桂栄 (シ ケイエイ)
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年05月
ISBN: 9784591139851

小学校低学年
210×290mm 32ページ

みどころ

国民的ヒーローの悟空。
スーパー如意棒を片手に「ちから」と「どきょう」なら誰にも負けないぞ!
そんな人気者の悟空ですが、どうやら学校では友だちが一緒に遊んでくれず悩んでいるみたい。

「へんだなぁ、どうして みんな、ぼくとあそんでくれないんだろう?」

「だって、きみはちからがつよすぎるんだもの。」と体の大きいゾウのバンバン。
「あなたはどきょうがありすぎて、みんなのまえで、こわいことをへいきでやるでしょ」カエルのパーパーも逃げてしまいます。
オオカミのアーゴウはふるえて言います。「悟空が、如意棒を小さくしたり、大きくしたりすると、ほんとうにこわいよ!」

そんなつもりはないのに、みんながこわがってる。みんなは、ぼくのことが嫌いなんだ。
悟空は悲しくなって誰もいない月にいくのです。そこでヘイヘイという名前のウサギに出会います。悟空とヘイヘイはお互いが羨む大切なものを交換して、新しい自分になってそれぞれ学校へ向かうのですが・・・。
自分が身につけていた「ちから」「どきょう」「如意棒」を手放してみんなと同じ立場になった悟空。初めてみんなの気持ちに気づき始めます。昔の自分と同じように振舞うウサギのヘイヘイを客観的に見ることによって、悟空は自分がどんなふうにお友だちに見えていたのかを知ったのです。

作者は、中国で期待の絵本画家の馬 玉さんと著名な児童文学作家 向 華さん。
「ともだち」との関係を考えるきっかけを与えてくれる絵本。子ども達の成長をそっと後押ししてくれます。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

あまりに力がありすぎて、ともだちから敬遠されてしまった悟空は、ひとりになりたくて月の世界へ。ところがそこにはウサギのヘイヘイがすんでいて、悟空の「ちから」と「どきょう」と「如意棒」を、自分の「いい子」ととりかえようと、提案します。
おなじみの孫悟空を主人公に、「ともだちって?」を描く、中国発の創作絵本です。作者は、中国で今注目の新進気鋭の絵本画家と、評論にも定評のある著名な児童文学作家。上海国際児童ブックフェアでは、人気の孫悟空を主人公に据えた中国ならではの独自性と絵の芸術性が高く評価され、2013年CCBF中国上海国際童書展 <金風車>ベスト児童書賞“ベスト国際絵本賞”を受賞しました。
「ともだちづきあい」という万国共通のテーマを、仕掛けもある楽しい展開で読ませます。さて、悩める悟空が見つけたこたえは? 

ベストレビュー

相手のきもち

悟空は学校ではお友達に遊んでもらえないのです。
嫌われていると思い込んで
誰もいないところに行きたいと月に行きます。
そこでうさぎのヘイヘイに会い
悟空が持っている
「ちから」 「どきょう」 「如意棒」をうさぎの 「いいこ」と
交換します。

そして力がなくどきょうもないビビりな悟空になって学校に帰ってくるのです。
そこへ「ちから」と「どきょう」と「如意棒」をもって激しく暴れる
ヘイヘイも学校に来るのです。
そして怖くって逃げまどいます。
自分はわるいことはしていないと思って疑わなかった悟空は
自分のように如意棒を振り回して動き回るヘイヘイを
目の当たりにして「怖い」と感じることができるのです。
相手の気持ちになるということは大人でも相当に難しいのです。
自分と相手の立場を入れ替えてみることが
相手の気持ちになってみることの近道なんですね。

とっても素敵な絵本です
(らずもねさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

悟空、やっぱりきみがすき!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット