ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
たからもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たからもの

  • 絵本
作・絵: ユリ・シュルヴィッツ
訳: 安藤 紀子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784032015300

5・6歳から

この作品が含まれるテーマ

みどころ

 まずしい男アイザックは三回続けて見た夢にしたがってはるばる旅に出る。なんでも宝物があるという・・・。
着いた街で特に探すでもなくぶらぶら滞在していると、城の衛兵隊の隊長から思いがけない話を聞いて。

 作者は「よあけ」で知られるユリ・シュルヴィッツ。なんて渋い話でしょう。コールデコット賞銀賞受賞作です。
 この結論は長く生きた人でないとなかなか出せない話では?(そうでもないかな?)
でもストーリーも絵の雰囲気も、そう思わせてしまう位の落ち着きぶりなのです。含蓄あります。 「無駄足が大事」。これは解っていてもなかなか言い切れるものではありません。
子供が読んだ時に反応が見てみたいものです。経験の少ないフレッシュな能だからこそ、印象強く飛びこんでくる話なのかも。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

夢のお告げにしたがって、男は宝物を探す旅に出た―。『よあけ』他の作品で知られる作家の1980年コルデコット賞銀賞受賞作。

ベストレビュー

心に響く、たからもの探しの旅

 英国に伝わる古いお話を絵本化したという作品は、なるほど人生の妙を伝える深さを持ち得ています。主人公は、貧しい男アイザック。夢のお告げに導かれ、旅先で運命の出会いを体験します。読み終えてみれば、「これが人生」とおおいに納得できるお話でした。最後、祈りの家に刻まれた一文が、すべてを語っています。
 偶然なのでしょうか。画風(というか、描かれている風景など)が、シュルヴィッツ渾身の最新作『The Travels of Benjamin of Tudela: Through Three Continents in the Twelfth Century』を想起させ驚きました。(すべてがそう、というわけではありませんが。)
(ムースさん 40代・ママ 男の子12歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ユリ・シュルヴィッツさんのその他の作品

ゆうぐれ / おとうさんのちず / ねむい ねむい おはなし / ぼくとくまさん / ゆき / あるげつようびのあさ

安藤 紀子さんのその他の作品

みみずくのナイトとプードルのデイ / クリスマス / 24の怖い話 / ほんとうにあった12の怖い話 / コウノトリのおはなし えんとつのうえの車輪 / 12の怖い昔話



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

たからもの

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット