うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
かしこくいきるしまりす
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かしこくいきるしまりす

  • 絵本
作: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かしこくいきるしまりす」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年05月
ISBN: 9784864840484

A4・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

絵本の表紙でどんぐりを美味しそうにほおばっているのは・・・北海道に生息する小さなしまりすです。
彼らの寿命は4年。
夏から冬にかけて、冬を越すためのどんぐりを必死で集めます。
地上には、きつねやふくろうなど天敵がたくさん。それでも1000個のどんぐりを集めなければなりません。途中で捉えられてしまったり、雪が降っても数が足りなくて集め続けるりすもいます。
やっと越せるだけのどんぐりが集まった時、しまりすは冬ごもりのための穴に入ります。
敷きつめた枯れ葉の中で眠り、お腹がすけばどんぐりを食べます。
冬ごもりをしているしまりすは、蓄えたどんぐりがなくなった頃、春がきたのを知るのです。
そうして、またしまりすの新しい一年が始まるのです。

この、北海道の豊かで厳しい自然の中で、賢くたくましく生きるしまりすの生態を描き出しているのは、版画家であり絵本作家である手島圭三郎さん。繊細な描写とダイナミックな画面は見る人の視線を惹きつけてやみません。

春になれば子どもを育て、夏になる頃木の上に引っ越し、夏の終わりには子どもたちは母親から離れ、自分の力で生きていきます。やがて秋になると、どんぐり集めという大切な仕事に入ります。特に飾り立てることなく、現実の自然の世界をそのまま表現している手島さんの作品は、動物が必死で生きる姿は力強く、美しいことを教えてくれます。

手島さんの生命賛歌「いきるよろこび」シリーズ、最新刊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

かしこくいきるしまりす

出版社からの紹介

北海道に生息する小さなしまりすの寿命は4年です。冬を越すために、きつねやふくろうに襲われながら、必死にどんぐりを集めます。冬ごもりをしているしまりすは、たくわえたどんぐりがなくなった頃、春がきたのを知ります。春がくると、しまりすの新しい一年が始まります。

ベストレビュー

私はこの手島先生の版画絵本が好きです。

手島先生の温かい版画と合わせて、森に住む生き物の厳しい世界を知る事が出来る素晴らしい絵本です。リスが口の中に入れられるドングリの数やリスの寿命を、私はこの素晴らしい版画に引き寄せられなければ、一生知る事が出来なかったでしょう。お勧めです。
(梅木水晶さん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


手島 圭三郎さんのその他の作品

きたきつねとしろふくろう たすけあう / はまなすのおかのきたきつね  /  しまふくろうとふゆのつき  / えぞふくろう ふぶきをのりこえる  / くまげらのもり / ひぐまのあき



『はじめてずかん415』 編集者 瀬島明子さんインタビュー

かしこくいきるしまりす

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット