このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ!
文: イダン・ベン=バラク 絵: ジュリアン・フロスト 訳: 福本 友美子  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
読み聞かせに大人気! 顕微鏡で見たきもちわるーい写真と、 細菌のキャラクターが面白い!  手洗い習慣も身につく絵本。
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
にぎにぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にぎにぎ

  • 絵本
作: カムカムズ
絵: 土橋 とし子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「にぎにぎ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年10月25日
ISBN: 9784569685076

幼年から
A4判変型上製 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

人間の手はすごい。いろいろな道具を使いこなし、生活に役立てている。人間が人間として生活していけるのは、この手が発達したおかげとも言われている。しかし、握って使う道具は、ただ握りさえすればよいわけではない。なんどもなんども握って使う体験を繰り返すことで、上達するもの。ぎゅっと握る、優しく握る、つまむ、握りつぶすなど……子どものときに、いろんなものを握ったり、触ったりすることは、脳と手の感覚をじゅうぶんに結びつけて発達させてくれる。  そして他の人と手を握ると、どうなるだろう。相手の気持ちが伝わって、ほっとして、仲良くなれる気がする。握ることで、心をつなぐこともできるのだ。恐いときに手をぎゅっと握りしめていたり、応援しているときこぶしを挙げていたりするのを見ても、握ることと人の心は密接に関係していると言える。  生活や遊びを通じて、こどもたちが握る力や感覚をどんどんと養い育てていこうと伝える絵本。

ベストレビュー

にぎることは生きる力の源 人間の手はすごい!

「からだ こころ げんき   にぎにぎ」こんなタイトルのかがく絵本です
人間の手 パーから グーに最初はグー (じゃんけんじゃないよ)
グーでかたたたき  ガッツポーズ
そしてにぎって おにぎり作ったり  どろだんごつくったり 粘土であそんだり 
今度は道具を使って見るといろんな事がたくさんできる
道具は 人間が発明したのです   手と道具を使ってなわとび そろばん 自転車だって乗れる
そして 手と手をにぎって 仲良し
赤ちゃんがお母さんにしがみついているのも手で握っている
にぎにぎで 気持ちを伝える
みんな 手のおかげで 生活しているんです
そして みんなが和になって手を繋ぎ 平和な社会を作るのも人間なんですね
手のありがたさを知ることができますね  にぎにぎの絵本で
子どもたちと一緒に読んでいろいろ学のもいいですね
 
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


カムカムズさんのその他の作品

からだこころげんき かぐかぐ / からだこころげんき かむかむ

土橋 とし子さんのその他の作品

おちゃのじかん / 箸の絵本 / キャベツ めキャベツ / ひょうたんハウス / ムッシーげきじょう / ダイコンの絵本



あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

にぎにぎ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット