貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
みんなでやろう ブレーメンのおんがくたい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなでやろう ブレーメンのおんがくたい

  • 絵本
作: さくら ともこ
絵: 高橋 雅彦
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「みんなでやろう ブレーメンのおんがくたい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年07月21日
ISBN: 9784569684734

幼年・小学初級
B5判変型上製 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おなじみのむかし話『ブレーメンのおんがくたい』。劇あそびが簡単にできるように工夫された楽しい絵本です。  むかしむかし、ちいさなむらに、としとった「ろば」がすんでいました。「わかいときはちからもち、おもいにもつもはこべたよ」。だけど、いまではとしとってしまったので、わかいときのようにはたらくことができません。『どうやってくらしていけばいいのか』、とかんがえた「ろば」はいいことをおもいつきます。「そうだ、いいことかんがえた。ブレーメンのまちでおんがくたいにはいろうヒヒ−ン」。  「ろば」があるいていくと、としとった「いぬ」にあいました。「いぬ」も「ろば」とおなじように「あーあ、いまでははたらけない」とつぶやいています。そこで、「ろば」は「いぬ」をブレーメンにさそうことにします。  おなじように、としとった「ねこ」と「おんどり」もさそい、あるきだすと、なんだかげんきがでてきました。そのゆくてには……。

ベストレビュー

読書週間の読み聞かせで使いました

読書週間には、ボランティアが出前授業として
1時間を使って読み聞かせをするのですが、
その中で、やはり、普通に読むだけではつまらないため、
劇のようにできるものを探してこの絵本にたどり着きました。
それぞれのセリフとナレーションで構成されていて
もう、これを順番に読んで、歌を歌えば
それだけでひとつ出し物になるねという感じですが
今回は伴奏もつけて(よく知っている歌の替え歌なので簡単)
ペープサートも作って挑みました。
やはり、子どもたちの集中力が違う!
こういう、台本のようになっている絵本って
個人で読み聞かせするときよりも大勢での読み聞かせで
活躍するんだなあとあらためて感動しました!
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さくら ともこさんのその他の作品

おふろだいすき! / おなまえいえるかな? / さあ!おかたづけ / みんなでやろう ジャックとまめのき / おひさまぱんころりん / ピーマンマンはげんきのみかた!



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

みんなでやろう ブレーメンのおんがくたい

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット