ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
チータカ・スーイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チータカ・スーイ

作・絵: 西村 繁男
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「チータカ・スーイ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年01月
ISBN: 9784834021790

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

子どもの楽隊が、チータカラッパをふきならし、竜をかついでスーイスーイと町中をねり歩きますが、大人はだれも気づきません。子ども達はいったい何者でしょうか。

ベストレビュー

獅子舞って、生で見たことある〜?

面白い絵本です。
そのまま普通に読んでも、各ページで楽しませてもらえますが、実はちょっとしたクイズ絵本になっていて、作者からの挑戦状を受けて、何度も読み返し楽しめる内容になっています。

西村さんの昭和30〜40年くらいを意識したような街作りが、すごくよかったです。
自分のとっても小さい時、お正月などになると近所の広場に獅子舞や祭囃子のおじさんたちがやって来てなんだか踊ってましたっけ……。

そういえば“ちんどん屋”も、今は生で見たことのある子どもたちはいないんじゃないでしょうか?
小学生くらいのお子さんでももちろん、楽しめると思いますが、この作品、意外とこういう時代に子どもだった人たちの方がハマるかもしれません。
ちなみに私はクイズも挑戦してみようと頑張りましたが、全問正解はできませんでした。
意外と難しいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西村 繁男さんのその他の作品

おばけもこわがるおばけ / タコのたこきちくん / むらの英雄 / びんぼうがみじゃ / あいうえおのえほん / おーなみこなみざぶん!



葉祥明さんの描く不朽の名作

チータカ・スーイ

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.74

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット