もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
「赤毛のアン」が教えてくれた大切なこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「赤毛のアン」が教えてくれた大切なこと

  • 児童書
著: 茂木健一郎
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年03月08日
ISBN: 9784569783093

中学生〜高校生
四六判並製 144ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

11歳のとき『赤毛のアン』を読んでから「アン」に魅せられた茂木先生。中学、高校、大学と何度も読み返し、「赤毛のアン」シリーズの原書も読破。部屋には物語の舞台プリンスエドワード島の地図を貼り、実際に訪れ、もし『赤毛のアン』を読んでいなかったら、いまの自分はないと感じるほど大きな影響を受けたという。  孤児で、赤毛で、そばかすだらけ、ガリガリのやせっぽち…とコンプレックスの塊のアン。でもアンは誰にも嫉妬したことがなく、想像力の翼を広げてつらいことを乗り越える。それがアンが伸びる理由であり、見習うべき点だと茂木先生は語る。他にも、いじめ、相性の悪い先生、厳しい試験があり、いつまでも友だちと一緒にはいられず、自分の進路を選ぶときが訪れるアンの物語は、100年も前に描かれたとは思えないリアルな問題が次々に起きる。そんな中、自信のなかったアンが素敵に花開いたのはなぜか? 幸せをつかむ秘訣をアンから教わる本。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!

茂木健一郎さんのその他の作品

脳に効く写真 / 偉人のことば アインシュタイン 好奇心からすべて始まる / ひらめき脳



『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー

「赤毛のアン」が教えてくれた大切なこと

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット