貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
バディ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バディ

  • 児童書
著: V・M・ジョーンズ
訳: 田中 亜希子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「バディ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年01月16日
ISBN: 9784569687582

中学生〜高校生
四六判上製 288ページ

出版社からの紹介

スポーツ万能、成績優秀、友達にも不自由していない12歳の明るい少年ジョシュには、誰にも話していない秘密があった。  幼い日、水の事故で双子の兄が障害を負ったこと。そのトラウマで、いまでもうなされる夜があり、そしてスポーツ万能にもかかわらず、まったく泳げないどころか、プールの水に足をつけることもできないこと。そんな秘密があることを学校ではまったく見せないジョシュだが、ライバルのシェーンに勝ちたいという動機から、トライアスロン大会で優勝を狙うため、水泳の猛特訓を決意する。  週末だけすごすお母さんとの時間、バディと呼び合う双子の兄との特別な関係、お父さんの新しいパートナーを交えた慣れない暮らし、謎めいて美しい転校生の少女との初恋の予感などが、トラウマを乗り越えようとするジョシュの不安や、ワクワクした気もちを揺さぶる。  家族、友情、勇気について考えさせる青春物語。感動的なラストがとても爽やかです。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


田中 亜希子さんのその他の作品

ひみつの妖精ハウス(6) 冒険はチョコレート味 / ひみつの妖精ハウス(5) 真夜中のおとまり会 / 炎に恋した少女 / ひみつの妖精ハウス(4) ティファニーの挑戦状! / めくってものしり絵本 もっとたのしい ハロウィンがいっぱい! / からだのふしぎ かんかくって なあに?



『あーん』イベント&おうちレポート

バディ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット