ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ぼうけん図鑑
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼうけん図鑑

監修: ホールアース自然学校
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月27日
ISBN: 9784569783277

小学初級
A4判変型上製 127ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

本書は、子どもたちが自然の中でたくましく生きるための知恵・工夫から、自然観察のポイント、危険・危機への対処法までを、写真とイラストでわかりやすく紹介する図鑑です。特に、道に迷った時や溺れそうになった時の対処法など、学校では教えてもらえない、緊急時に役立つスキルを学べることは、本書の特徴の一つです。  構成・項目は以下のとおり。<自然の中を歩こう>雨の備えをしよう、地図の使い方、知っておきたい天気の基本 <キャンプをしよう>テントでのすごし方、かまどをつくろう、飲み水をつくろう、火をおこそう、ごはんをたこう <自然を感じよう>昆虫を見つけよう、野鳥を見つけよう、化石をさがそう、夜空を見上げよう <危険にそなえよう>野外で雷が鳴ったら、山の危険な生き物を知っておこう、毒草・毒キノコを知っておこう ほか。  「生きる力」を高めることができ、一生役に立つ、野外活動図鑑の決定版!

ベストレビュー

自然と遊ぶために忘れてはいけないこと満載

我が家も数年前からキャンプを始めました。
息子は小さな頃から昆虫が大好きで山や川、海にも出かける機会も多く、自然と触れ合う機会が多いのでこの図鑑はとても為になる内容ばかりで感激しました。

自然の中で遊ぶことは楽しいことばかりではなく危険が伴うということもきちんと書いてくれてあり、服装の注意から天気や地図の見方、山の天気の注意にいたるまでとても学ぶことがぎっしりです。
そして山で体調が悪くなったときや危険な生物、毒草についても写真や図で載っているので大人でもとても勉強になりました。

そして、テントで寝ることも経験していますが、自分が経験しているだけにより関心を持ってページをめくっていました。今年はこの本を参考にしてご飯を炊くことにも挑戦しました。(おいしく炊けました!)

楽しいキャンプの思いでを作るためにも、自然と触れ合う楽しさを味わうためにもこの本を読んでさらに危険があることも知っておけて一石二鳥だと思います。

我が家のバイブルです!
(Pocketさん 30代・ママ 女の子13歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ぼうけん図鑑

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット