すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
日本のくらし絵事典
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

日本のくらし絵事典

編: PHP研究所
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「日本のくらし絵事典」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年01月11日
ISBN: 9784569685182

小学中級以上
A4判変型上製 79ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

日本人が伝えてきた年中行事のほか、伝承文化や伝統芸能も含めた日本人のくらしを、たくさんのイラストと写真を使って紹介した「日本のくらし絵事典」です。  日本には四季の自然が豊かにめぐってきます。4月にはサクラの花とともに入学式がおこなわれ、寒さがゆるんだ田畑では農作業が始まります。5月には八十八夜の茶摘みがあり、端午の節句には鯉のぼりが空をおよぎます。7月の七夕、8月のお盆など、日本人は季節のうつりかわりを大切にしながら日々の生活を営んできました。  また、家のつくりや生活道具にも日本人の生活に根ざした工夫があり、食生活においても自然の恵みを生かした独特の料理を生み出してきています。さらには、歌舞伎や能などの伝統芸能、漆器や和紙などの伝統工芸においても、独自の文化を作り上げてきました。  本書は日本人が生み出した世界にも誇るべきくらしの知恵を学び、あとに伝えていくことのできる絵事典なのです。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


PHP研究所さんのその他の作品

ラストで君は「まさか!」と言う デジャヴ / ラストで君は「まさか!」と言う 望みの果て / ラストで君は「まさか!」と言う 予知夢 / ラストで君は「まさか!」と言う 時のはざま / わくわく! かたちのえほん / ポケット版 もっと! 考える力を育てるお話100



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

日本のくらし絵事典

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット