だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
だんご博士の観察記
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だんご博士の観察記

  • 絵本
作・絵: 松岡 達英
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

だんごむし博士の自然観察記です。
ふたご山に住むだんご博士と、そのガールフレンドのだんこちゃんのユニークな自然観察記です。春の到来とともに、やってきたギフチョウさんに頼まれて、カンアオイの葉裏に産んだギフチョウの卵の観察をすることになりました。それを皮切りに、コメツキムシさんとの空中散歩、アカガエルの卵の孵化、ゲンゴロウの泳ぎ方、カエルの産卵の様子、トンボの仲間、初めての越冬…など、だんご博士が、四季を通して、ふたご山の自然を観察し、解説してくれます。これまでにないタイプの科学創作読み物です。 2002年4月から2004年3月まで『新潟日報』で好評連載していたものを加筆構成しました。

ベストレビュー

新潟県の自然が楽しくわかる

もともと「新潟日報」に連載されていた記事らしく、各見開きで1話完結みたいになっています。右側が絵で左側が文章。幼稚園児には、1日に2〜3話ずつがちょうどいいぐらいの長さです。ダンゴムシが自然研究家をしているという設定で、一人前にクルミの殻の中に本だの顕微鏡だの入れたり、何本もの足を一緒に使って仕事をしている絵が面白いです。四季折々の植物や動物(虫)の紹介も多いのですが、ガールフレンドのだんこちゃんとのほのぼのしたやりとりがあるので楽しく読めます。カナブンの背中に乗って飛んだり、ナメクジの背中に乗ったり(ちゃんと2回目は葉っぱを敷いてべたつかないようにしている)、ありえそうにないのですが、あまりにリアルなので、本当にだんご博士のようなダンゴムシがいるかも……という気になります。この本を読むと虫に人格?が感じられて殺せなくなります。
(ホートンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松岡 達英さんのその他の作品

カエルくんのだいはっけん! / よるになると / いけのおと / さとやまに はるがきた / 山猫たんけん隊 / くさはらの わたしの へや



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

だんご博士の観察記

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット