バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
地獄大図鑑
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

地獄大図鑑

監修: 鷹巣 純
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,800 +税

「地獄大図鑑」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年08月01日
ISBN: 9784569783314

小学中級以上
A4判変型上製 63ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

死んだらどうなるのか? 生前、罪をおかした者は? 仏教が説く八大地獄、キリスト教の地獄、日本神話の黄泉の国、中国の十王裁判、北欧神話のヘルハイムなど、世界の地獄をリアルな絵で紹介するとともに、地獄の番人、裁判官、王などのキャラクターについても解説。昔の人が、どんな罪をおかせば、死後にどんな罰があたえられると考えていたのか、また、それが宗教や文化によってどうちがうのかがよくわかります。  [第1章]アジアとその周辺の国の地獄 仏教の八大地獄(等活地獄、黒縄地獄、衆合地獄、叫喚地獄、大叫喚地獄、焦熱地獄、大焦熱地獄、阿鼻地獄)/黄泉の国(日本)/『マハーバーラタ』の地獄(インド)/十王裁判(中国) ほか [第2章]ヨーロッパとその周辺の国の地獄 キリスト教の地獄(カトリック教会『神曲』の地獄、東方教会の死後の「関所」/ヘルヘイム(北欧)/タルタロス(ギリシア)/チンワト橋(ゾロアスター教) ほか

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

地獄大図鑑

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット