すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【おまとめ買いにも♪】キュートなこぐまちゃんソックスは、ちょっとしたプレゼントにオススメです♪
水族館のひみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

水族館のひみつ

著: 新野 大
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥3,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年11月06日
ISBN: 9784569783499

小学中級以上
A4判変型上製 63ページ

出版社からの紹介

水の生き物たちと気軽に出会えるところ、それが水族館です。ガラス1枚をへだてた水槽の中には、たくさんの生き物が暮らしています。そしてその裏側には、生き物たちが暮らす環境を整えるための設備や機器があり、飼育係をはじめとするスタッフが働いています。  本書は、水族館に行ったときに感じる疑問をもとに、普段見ることのできない、生き物たちのユニークな姿や、水族館の設備や機器、水族館スタッフの生の声を紹介しています。  内容は次のとおりです。<1章:水族館の生き物たちについて知りたい!>「魚はどこからやってくるの?」「イルカやアシカはどこからやってくるの?」ほか <2章:水族館のしくみについて知りたい!>「水族館の海水はどうやって集めているの?」「夜の水族館はどうなっているの?」 <3章:水族館で働く人たちについて知りたい!>「飼育係は毎日どんな作業をしているの?」「獣医師はどうやって生き物の健康を守っているの?」ほか

ベストレビュー

大きな本です

息子が2〜3歳の時にはまった本です。
とても大きな本で、小さい子ども向けではないのですが、書かれてある文章も、読んで読んで!とせがみます。

それだけ写真が魅力的なのでしょう。

水族館ひみつ、というタイトルですが、わくわくする、という意味では楽しめる本だと思います。

(みせすゆさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!



コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

水族館のひみつ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット